塾の講師を見極めるのは
   成績を伸ばせる先生

教えるではなく「引き出す」からこそ

塾においては、勉強を教えるだけではなく、やる気を引き出すことが大切になります。これは人間の脳を活発に動かすためには、勉強に対する意欲を向上させる必要があるのです。やる気が無い状態で勉強を行ったとしても、理解をしたり記憶を行うことは難しくなってしまいます。これは短期的にみても学力を向上させることは難しく、さらに長期的にみると大きな差が生まれてしまうことになるのです。勉強においてはまずは学習意欲を向上させることが大切であり、そのためには意欲を引き出す講師に教えてもらうことが大切になるのです。 勉強の意欲を向上させるためには、勉強の楽しさを教える必要があります。そのためには授業の内容をしっかりと理解する必要があるのです。手も足も出ない難問ばかりを解かされるようなことがあっては、やる気がどんどん低下してしまうことになります。これは本当の意味での何問だけではなく、基礎的な分野においても引き起こされてしまうことです。 まったく勉強していない分野においては、その分野の基本的な問題でも解くことはできません。その分野に対する圧倒的な知識の欠如により、この現象が弾きこされてしまうのです。そのため例え基礎的な部分だとしても、解くことが出来なければ難問と同じであり、やる気はどんどん下がってしまうことになるのです。 塾の役割としては、この基礎的な部分の知識を分かりやすく教えることです。これにより、基礎的な部分の理解が出来るようになり、問題が解けるようになるのです。 これを行うためには、授業の内容が分かりやすい塾講師が必要になります。そして授業をするだけではなく、生徒自身に問題を解くことの楽しさを引き出すことが可能になるのです。これにより、意欲的に勉強を行うことが可能になるのです。 塾においては、このようにやる気を引き出すことが重要になります。やる気さえ引き出してしまえば、生徒自身から意欲的に勉強を行うようになるために、成績の向上を達成することが出来るのです。